引き寄せの法則って実は危険なの!?

引き寄せの法則とは、自分が意識的にせよ無意識にせよ抱いている思いが現実を引き寄せるという考え方です。
しかし、引き寄せの法則も使い方を間違えた結果、かえって辛い思いをしている人も実は少なくありません。
ここでは引き寄せの法則の危険性とデメリットについて解説していきたいと思います。

そもそも引き寄せの法則って何?

私たちは常に無意識のうちに、大なり小なり自分が信じているものや望んでいるものを引き寄せ、現実に変化を及ぼしています。そしてこの法則のことを、引き寄せの法則と呼んでいるんですね。
ただしこれはポジティブな思考や感情に限った話ではなく、本当は起こってほしくないネガティブな内容の現実も具現化されることもあります。
引き寄せの法則か危険視されている理由の一端は、このネガティブな現実の引き寄せにあるんですね。

引き寄せの法則はなぜ危険と言われるのか?

引き寄せの法則さメリットが多いながらも、なぜ危険性も高いと言われるのでしょうか?
ここからは危険性やデメリットについて見ていきましょう。

現実逃避と行動の欠如

引き寄せの法則に過度に依存すると、現実的な行動を取ることを怠ってしまうことがあります。
もちろん引き寄せの法則自体にも効果はありますが、結局は現実は行動によって変化していくものです。
引き寄せの法則に頼り切りで行動を怠ったとすれば、結果として夢や目標の達成が阻まれるリスクが高まります。ただ願って待つだけでは望んだ未来は訪れないのです。
また、複雑な問題を単純に「ポジティブ思考」だけで解決しようとする姿勢は短絡的です。
問題の本質から逃げてしまうと、同じ問題を繰り返す可能性が高まります。

過度な期待と自己否定

期待通りに引き寄せの法則が機能しなかった場合、自己疑念や失望感が増し、自責の念に囚われたり、罪悪感を覚えることが多くなるかもしれません。
また、ポジティブシンキングだけで状況が変わると楽観視してしまうと、トラブルなどを克服する力を失い、依存的な思考パターンに陥ってしまう危険性を高めます。

都合の悪い人を排除してしまう

現実が思い通りにならず思い悩んでいる時、自分にとって耳触りの良いことを言ってくれる人しか受け入れられなくなってしまうことはよくあることです。
しかし、すべての事象には陰と陽の両面が存在します。光だけを求め、影を否定することは、自分自身のネガティブな面も否定していることになります。
そうすると、自分にとってのネガティブな要素を受け入れることが難しくなり、他人も否定してしまう傾向が生じます。
自分の考えに固執し、他の考えを認めないどころか責めるような思考に陥ってしまった結果、分断が起きることもあるでしょう。
とはいえ、実は似たような考えを持ってる人だと感じていても、あなたと全く同じ考え方や捉え方をする人は結局のところ存在しません。
人は支え合って生きていくものであり、自分にとって他者とは欠けているものを補い合ったり、私たちに向き合うべき課題を教えてくれる存在でもあります。
まずは、自分の耳には痛いことを言ってくる人でも、相手を受け入れることを意識してみると良いでしょう。

ネガティブな引き寄せが強まってしまう

引き寄せの法則は、私たちが無意識に持っている感情や意識、固定観念などから影響を受けます。
だからこそ、ポジティブ思考を意識すればするほど、自身のネガティブな側面も浮き彫りになり、内面的な葛藤が生じることがあります。
無意識のネガティブな面を無視してポジティブな無理にイメージを保とうとしても、ネガティブな面が消えるわけではありません。
見て見ぬ振りをしてしまった結果、かえってネガティブな現実を引き寄せてしまう危険性もあります。
引き寄せの法則においては、この点が一番の懸念事項と言えるでしょう。
問題を見なかったことにすることは、結局自分自身を苦しめることになるため、真正面から向き合うことが効果的です。
さらに、自分と合わない人との関係も、無意識のネガティブさが引き寄せた結果の一つにすぎません。
辛いこと、ネガティブな面にも向き合うことは私たちにとっての課題であり、成長の機会でもあります。
じっくりと向き合ってみれば、新たなご縁が広がり、未来の可能性が拡がっていくことでしょう。

どう乗り越える?ネガティブな引き寄せを起こしやすい人の対処法

引き寄せの法則のデメリット・危険性のうち、特にネガティブな引き寄せを避けるためにはどうしていくべきか、ということを見ていきましょう。

自身を見つめる時間を意識的に作る

多忙な生活を送っている多くの人々は、学業や仕事、家事や育児など、様々な場面で頭をフル回転させていることでしょう。
時間に追われる生活を送っていると、自分自身をケアすることを後回しにしがちです。
特に泣く・怒るなどのネガティブな感情表現を否定し、抑え込むことをよしとするように刷り込まれて来た人も少なくないでしょう。実はここに深刻な問題が存在しています。
他人に合わせる社会的な圧力によって、自己を抑え込んで生きるクセがついてしまっているために、自分自身に向き合う機会が少ないのです。
しかし、自己理解を深めるためには時間を割いて自身の内面に意識を向ける必要があります。
これはトレーニングが必要なスキルであり、繰り返し行うことで自己理解が深まっていきます。
さらに、自己理解が深まると他者理解も進み、自分だけではなく周囲の人のネガティブな出来事や感情も受け入れやすくなります。
そのため、さまざまなことに対する感謝の気持ちも高まっていくことでしょう。

自身の思いや感情を自問自答することを繰り返す

自己理解を深めるためには、なぜそう思うのか、その時自分の中にどんな感情が湧いたか、という2つの質問が非常にシンプルかつ効果的です。
ただし、慣れていない場合、答えはしばしば「思考」になってしまい、無意識の本音には辿り着けません。
無意識に隠れている感情や固定観念を引き出すためには、自分自身でも納得のいく答えが出るまで、徹底的に「なぜそう思うのか?」や、「どんな感情を抱いていたのか?」と聞いていくことが大切です。
例えば、「○○だから××しなければいけない」という言葉も、なぜそうしなければいけないのか?できないとどんな感情になるのか?といった質問をしていきましょう。
ポイントは、普段当たり前だと感じることに対してもなぜ?どうして?と疑問を持つことです。

なぜ悩みを手放さないのか、その理由と向き合う

繰り返し起きてしまったり、長いこと深く刻まれている問題があったとしても、意外と自分自身がその問題を手放したくないと感じているケースも存在します。
たとえば自己肯定感が低い人の場合、無価値観や孤独感を手放せなくなってしまうことは少なくありません。
もちろん、孤独を避けたいがために、他者に迷惑をかけないように気をつけたり、先回りして物事を考えたりと、一見「良い人でいられる」というメリットもなくはありません。
ですが、他者といる時に常に自分の役割を探し求める状態が当たり前になってしまえば、結果として自分自身の意見がない、他者に流されやすい人にもなってしまいます。
このような自己犠牲的な側面は時に、暴力や虐待、パワーハラスメントなどのもっと大きな問題に発展してしまうこともあります。
また、同じ孤独感を手放したい人でも、他者と関わることで自身の時間・行動が制限される、面倒ごとに巻き込まれるといった事態を避けたいと強く感じている場合、結果として孤立してしまう状況を招くような状況を選択してしまうことも。
ここで重要なのは、一人でいる自由さや他人に振り回されない安心感などを理解し、自分自身の行動とその結果との関連性を客観的に見出し、その結果を受け入れることです。
これにより、行動を変えることがより容易になるでしょう。

最後に

引き寄せの法則のメリット・デメリットどちらも理解することは、自分自身を知るためにも重要なことです。
己と向き合い、感情に蓋をする癖を手放すことで、引き寄せの法則を効果的に活用できるようになります。
引き寄せの法則の具体的なやり方や恋愛での活かし方については以下の記事で紹介していますので、併せてチェックしてみてください。

引き寄せの法則とは?恋愛にも効果はある?

引き寄せの法則とは?恋愛にも効果はある?

引き寄せの法則は、自分の思考や感情が現実を引き寄せる力を持つという考え方です。
ポジティブな思考や感情を持つことで、望む結果を引き寄せることができるとされています。
ただし、具体的にどんなことをすればいいのか、逆にしてはならないことはあるのかなど、よくわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は引き寄せの法則の正しいやり方、そしてそれを恋愛で活かす方法について紹介していきたいと思います。

引き寄せの法則とは?

引き寄せの法則は、古代から伝わる伝統的な考え方です。その起源は紀元前のバビロニアやエジプトのような、科学と魔法が融合していた時代までさかのぼります。
日本でも、2007年に「夢をかなえるゾウ」や「ザ・シークレット」といった本が出版され、引き寄せの法則が注目を浴びました。
引き寄せの法則は、自分の潜在意識に叶えたい願いのイメージを送り込むことで、望んだ未来を引き寄せるという考え方です。
潜在意識とは、我々が普段は意識していない部分のことを指します。過去の経験や無意識のうちに形成された価値観や習慣、思い込みが、潜在意識を形成しています。
引き寄せの法則がうまく機能するためには、私たちが知覚できる顕在意識で具体的な願いをイメージし、それを潜在意識に届ける必要があります。
これによって、引き寄せの法則が成功するとされています。

引き寄せの法則の実践方法

初めて取り組もうとする人にとっては、引き寄せの法則を活用するためには何から始めたら良いのかがわかりにくいことがありますよね。
ここからは基本的な5つの方法について紹介していきたいと思います。

常にポジティブなイメージを持つ

いつもポジティブなイメージを持つことを心がけましょう。
人間関係や仕事、恋愛などに関して、ネガティブな考えばかりを抱えていると、願いを叶えるどころか望ましくない結果を引き寄せることになりかねません。
実は笑顔の人が幸せである理由は、幸せが先にあって笑顔になれているのではなく、いつも笑顔だからこそ幸せを引き寄せられているのかもしれません。

自分を取り巻く環境をきちんと理解・把握する

まずは自身の周囲の環境を理解し、きちんと把握しましょう。
現在の状況は、これまでの思考や経験、信念が形成してきたものであり、つまり過去の潜在意識が現実に反映されているものなのです。
もしも現実が自身の望むものではない場合、それは潜在意識に伝わる願いがズレていることを意味します。
自身の置かれている環境と願望とのズレとを正確に把握できれば、修正して正しい願いを潜在意識に届けることができるでしょう。

成功・達成した自分を明確にイメージする

願望を達成し、成功した自分を明確にイメージすることを試してみてください。
「今の状況からどのように成功するのか?」と思ってしまうこともあるかもしれませんが、その思考に固執すると願望は実現しづらくなってしまいます。
過程は一旦抜きにして、単純に目標達成・願望成就後の自分を思い描くことが重要です。
成功している自分の姿だけでなく、目標達成・願望成就した際に感じるであろう感情にも意識を向けてみてください。

なりたいか自分像をノートに書き出す

ノートや手帳に具体的な目標や願望を書き込むことも引き寄せの法則の効果を得るためには重要なアクションです。
日々書き込んだ内容を目にすることで、その目標や願望が顕在意識と潜在意識に浸透しやすくなるからです。
ノートや手帳に書き込む際は、なるべく目標や願望を具体的に書き込みましょう。具体的な内容や詳細なステップを書き込むことで、目標達成への道筋も明確になっていくのでオススメです。
そして、1日1回は必ずその内容を確認し、新たな目標や願望が生まれたときには追加していきましょう。

過去の成功体験を思い返し、未来の成功を想像する

これまでの成功体験を振り返ることも、将来の成功にも繋がる可能性があがるため、引き寄せの法則を成功させるための重要なアクションの一つです。
過去の成功体験を思い出すことで、成功した状況やその際の感情・感覚など、ポジティブな感情を蘇らせることができます。
そしてそのイメージが明瞭になるほど、未来の目標や願望のイメージをより鮮明にすることが可能となるのです。
同時に、無意識に過去の成功時と同じようか成功への道を見つけることができるようになります。
思い出す成功体験は、大きなものであっても小さなものであっても関係ありません。
過去の自分の姿や感情をしっかりと思い出すことで、自信や前向きな気持ちを取り戻していきましょう。

引き寄せの法則を成功させるポイント

時に感情のコントロールを必要とするため、難しく思われることも少なくない引き寄せの法則。
そんな引き寄せの法則の成功確率を上げるためのいくつかの押さえるべきポイントと、困った時の対処法をここからは紹介していきたいと思います。

不安・不満といったネガティブな感情を持たない

願いが叶うかどうか心配になることや、思い通りにことが進まない時の不満というのは、ついつい湧いてきてしまうものですよね。
しかし、そのような不安や不満を抱くことで、自分の意識がネガティブに傾いてしまい、願いが叶わない未来を実際に引き寄せることがあります。
どんなに信じようとしても、願いが叶うのかなと疑心暗鬼になってしまう思いは勝手に浮かんできてしまうのだ、と感じる方もいるでしょう。
そんな時は、まずは願い事を忘れるほど、自分が楽しくリラックスした気分になれるようなことに集中してみるのも手です。
あるいは、「これからの展開に期待!」「ここからどう巻き返せるかな?」など、ポジティブに切り替えてみるのもオススメです。

願いに執着をしない

引き寄せの法則を成功させるためには、自分の願いを叶えることに対して執着を持たないことも重要なポイントです。
常に引き寄せの法則を意識して忘れないように「心がける」ことは確かに大切です。
しかし、あまりに引き寄せの法則に囚われてしまえば、執着が生まれてしまいます。
そこから「引き寄せの法則に縛られている自分」、つまり「まだ願いが叶っておらず奮闘している自分」を引き寄せてしまう結果になってしまうこともあるのです。
引き寄せの法則を忘れないことは確かに大切ですが、同時に引き寄せやあなたの願いに囚われすぎず、心地よく自由に生きることを心掛けましょう。

感謝の気持ちを忘れず、前向きな気持ちでいる

常に感謝の気持ちを忘れずに、ポジティブな気持ちで過ごすことも非常に重要です。
今まで当たり前だと思っていたこと、たとえば美味しいご飯を食べられること、快適な家に住めていることなども実際には当たり前のことは何一つありません。
そうした、一見些細なことのようにも思える事柄にも目を向けて、感謝の気持ちを持つようにしましょう。
そのような感謝の気持ちを持つことで、ポジティブな気分が生まれ、より良い時間を過ごせるでしょう。
そして感謝の気持ちから生まれるポジティブな気分をより長く保つことができれば、引き寄せの法則を成功に導くことができるでしょう。

引き寄せの法則を恋愛に応用する方法

引き寄せの法則は、自分が望む恋愛関係を引き寄せるための手段としても用いることができます。
たとえば両思い・恋人関係になりたい、結婚したいといった願望を叶えることなどですね。
恋愛が上手くいかない時、人は気持ちが落ち込みやすくなりがちですよね。
しかし、そのままのネガティブな感情に囚われると、望む恋愛関係を引き寄せることが難しくなってしまいます。
引き寄せの法則を成功させるためには、ネガティブな思いをコントロールすることが重要です。
ここでは、引き寄せの法則を使ってる恋愛を成功に導くための3つのポイントについて詳しく説明いたします。

自分と相手の環境を正しく理解する

相手との両思いや恋人・夫婦としての関係を望むとき、正しく願いが叶った姿をイメージをするためには、自分と相手の今の状況を知り、理解することが重要です。
まずは現在の自分や相手の恋愛に関する状況、お互いの環境など、相手と自分双方のことを正しく把握し、受け入れることから始めましょう。
相手との現在地を知ることができなければ、目標への道筋を立てることも難しいですから、まずは客観的に自分と相手の状況を見つめてみましょう。

相手と付き合っている自分を詳細にイメージする

気になる相手と付き合っている自分を、なるべく細かいところまでイメージしてみましょう。
どんな表情をしていて、どんな感情を抱いているのか。メイクや服装はどのようなものか。その時に感じる匂いや目に入る景色、聞こえる音まで、細部にまで思いを馳せてみてください。
これらのイメージを潜在意識に刷り込んでいくことで、自然にその未来に向かって進んでいくことができます。
気になる相手との関係や自分自身がどのような存在になるのかを明確かつ詳細にイメージしてみてください。

常に相手とうまくいっているイメージを持つ

相手と付き合えている・結婚できているなど、うまくいっている姿を常に思い描くことも大切です。
「一緒にいるのが当たり前」「互いに理解し合える」など、まるで決定している未来であるかのようにイメージを描き、明るい未来が来ることを確信できるレベルになるまで繰り返しイメージしましょう。
たまに、「相手に自分は合わないのかもしれない…」や「もし一緒にいられなかったら…」と心配になることもありますが、その思いを消してしまうのです。
常に一緒にいられる未来を信じ、前向きな気持ちで過ごしてください。

引き寄せの法則と相性のいいアクション

ここまで紹介してきたように、引き寄せの法則がうまくいくためには、ポジティブな気持ちで過ごすことと正しいイメージを持つことです。
そんな引き寄せの法則をマスターするにあたって、実は相性の良いアクションというものが存在します。

ヨガを取り入れてみる

たとえば心身を整えるフィットネスの1つとして定着しているヨガは、引き寄せの法則と相性が良い運動です。

元々瞑想を深めるための準備運動であるため、体をリラックスさせると同時に、思考をクリアにすることにも役立ちます。

この状態に自分を保っていると、イメージするという行為が簡単になり、望んでいる未来を引き寄せやすくなるともいわれています。
ポジティブなイメージを抱き続けるという意識だけへのアプローチの継続が難しい方も、フィジカルな方面からのアプローチを加えることで無理なく自然に良い気分を保てるでしょう。

過去の成功体験を書き溜める

成功体験をノートなどに書き留めることも、引き寄せの法則と相性の良いアクションです。
どんなに些細なことのように思われる内容でも、成功した出来事をこまめに記録することで、過去の成功を思い出しやすくなります。
1つの成功を思い出すと、「そういえばあの時も…」と連鎖的に他の成功も思い出すことがあり、これから成功したいことのイメージが描きやすくなるでしょう。
1つ1つの成功体験を大切にノートに書き留めていきましょう。

新しい趣味などを始める

新しい趣味を始めることも、新たな成功体験を得るためにおすすめです。
成功体験は増えれば増えるほど、失敗への恐れも少なくなっていきます。
「本当に実現できるの?」と疑っていたようなことでも成功体験を重ねることでやがて、「引き寄せだって成功するはずだ」という自信に変わっていくでしょう。
また、新しい趣味ができると毎日が楽しくなり、シンプルにポジティブな気持ちでいられる時間が増えるので、気になる趣味があるなら始めてみると良いでしょう。

最後に

引き寄せの法則は、一度習得すれば一生使える願いを叶えるための考え方です。
これまでの習慣を変えることで、願いがどんどん叶いやすくなるでしょう。
引き寄せに必要な習慣は、ポジティブシンキングで日々を過ごすことであったり、感謝の気持ちを忘れないことなど、人を輝かせるものばかりです。
これにより、願いが叶いやすくなるだけでなく、自分自身の魅力も向上します。
恋愛にも応用でき、大がかりな準備も不要なので、叶えたい願いがある方はぜひ試してみてください。

縁切りすべき相手の特徴とは?良い方法はある?

スピリチュアルの観点から言うと、「すべての出会いには意味がある」とされています。
ですが、たとえば一緒にいることで心が疲れたり、ネガティブな気持ちになったりする相手とは、本来は繋がりを断つべきでしょう。
今回は縁を切るべき人の特徴や相手との関係性ごとに効果が見込める縁切り方法について紹介していきたいと思います。

縁切りすべき相手の特徴

「縁を切る」という行動は非常にエネルギーを要するため、絶縁するべき人を選ぶ際には慎重な判断が必要です。
以下では、あなたが本当に縁を切るべき人の特徴を紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

悪口・噂話が多い人

人を中傷したり、噂話を楽しんだりするような人とは距離を置くべきです。
他人の評価を貶めることで自分を上げようとする人や、他人の不幸に喜びを感じる人との関わりは、ネガティブなエネルギーを引き寄せるだけでなく、いずれ自分もその対象になる可能性があります。
ですから、そういった人との関係を絶つことは賢明です。

平気で嘘をつく人

自分が好かれるためなら、嘘を平気でつくことに抵抗を感じない人も存在します。
嘘をつくことで他人を操ったり傷つけたりすることもある、ということに何の罪悪感も持っていないのです。
自己中心的な性格の人とは、信頼関係を築くことが難しいため、関係を断ってしまうことがおすすめです。

あなたの行動を監視・束縛をしてくる人

自分自身を中心に据えて、他人を統制しようとする人とは縁を切るべきです。
よく束縛は恋人同士の問題と考えられがちですが、友人や家族から自分の交友関係を制限されることもあります。
ただ実は、これは単なる嫉妬心に基づくものであり、相手の自由を尊重することなく、自分の感情を押し付ける行為は、真の愛とは言い難いものです。
今よりも束縛が悪化してあなたの自由が奪われる前に、縁を切ることが最善の選択となるでしょう。

お金や時間にルーズな人

「借りたお金を返さない」「毎回約束の時間に遅れてくる」といった、お金や時間に対してルーズな態度を持つ人との関係も見直す必要があります。
遅刻や返済の問題を繰り返す人は、他人のお金や時間を軽視していることと同義です。
だからこそこのような行動を取るのですから、改善は望めません。
交流を続けることでストレスが増えるだけなので、早めに縁を切った方が良いでしょう。

損得勘定が強い人

自身の利益を優先する利己的な人々とも、距離を置くべきだと言えるでしょう。
というのも、たとえ彼らが自分や他の人に優しい素振りを見せたとしても、彼らの中にある損得勘定の結果、自分に利益があるからと判断した結果の立ち振る舞いに過ぎないからです。
彼らは自分に利益がない、あるいは損でしかないと判断した場合、どれほど困っている人が現れようとも無関心で通り過ぎる冷酷な性格を持っています。
状況によって態度を180度変えるような人々と付き合っていても、いつか傷つけられるだけでしょう。

困っている時にだけ連絡してくる人

自分が困っている時にだけ近づいてくる人々にも注意が必要です。
というのも、調子が悪い時にだけ連絡してくるような人の中には、あなたを利用しようという思惑があるからです。
彼らは困った状況を打破できれば途端にあなたとの連絡を断ち、誘っても忙しいなどと理由をつけて断ってくるのが特徴です。
本当の友人とは、どんな状況にあっても一緒にいてくれる人。
打算的な相手とは対等な関係を築くことは期待できないため、縁を切って時間を有効に活用することが賢明です。

他人を見下す発言が多い人

周囲に対して高慢な態度を取り、見下すような人とは距離を置くべきです。
彼らは一見すると自信に満ちているように見えますが、実際には自己肯定感が低く、劣等感を抱いています。
彼らは他人を見下すことでしか自分の価値を感じることができず、常に他人との比較によって生きていふのです。
相手の立場を理解しようとしない人と付き合い続ければ、あなたの心が疲弊していくだけでしょう。

いつも他人のせいにばかりする人

他人のせいにすることでトラブルの原因を逃れ、自分を守ろうとするような人とも縁を切っておくことをオススメします。
彼らは自身の利益や保身を最優先に考えているため、どんな状況でも自分の過ちを認めることができず、責任を他人に押し付ける傾向にあります。
このような人と付き合い続ければ将来的にもトラブルに巻き込まれる可能性が高いため、関係を断つべきなのです。

感謝の気持ちが希薄な人

感謝の気持ちが希薄であり、「相手からしても当然」という考え方を持っている人との関係もまた、断っておくことをオススメします。
人間関係を円滑にするためには、些細なことでも感謝の意を伝えることが基本的なマナーです。
ですが、してもらって当たり前という感覚の人の中にはこのようなマナーはありません。
他者に対する感謝の気持ちを持ち合わせていない人と関わり続ければ、あなたの親切心が搾取され続けるだけなので、関係を切っておくべきでしょう。

一緒にいると疲れる相手

世の中には他人のエネルギーを奪っていく、エナジーバンパイアと呼ばれる類の人がいます。
情緒不安定で依存心も高く、周囲の人たちを振り回すタイプの人、あなたの近くにもいませんか?
依存心の高さからこうした人たちと縁を切るのは一筋縄ではいきませんが、付き合い続けても感情やリズムを乱されるだけで何も良いことがないので、勇気を出して縁を切りましょう。

関係を断つべき相手との縁切り方法

あなたにとって関係を断つべき相手の特徴がわかったところで、実際にどうすれば縁切りできるのか、相手が友人・家族・元恋人の場合とでそれぞれ対処法を紹介していきたいと思います。

友人と縁を切る方法

友人との縁を切ることは、あらゆる人間関係の中でも比較的容易な部類だと言えます。
しかし、適切な方法を選ばないと、相手から恨みを買ってしまったりとトラブルに発展してしまう可能性もあるため、慎重なアプローチが重要です。
以下に紹介する方法で円満に関係を終わらせましょう。

関わりを最低限のものにする

学校や職場において日常的に接触する必要がある相手の場合、他の人々を巻き込む可能性があるため、完全に関係性を断つことは難しいでしょう。
そのため「挨拶はしても必要最低限の会話に止める」「学校や職場以外では接触を避ける」など、適度な距離を保ちながら、最低限の関係を維持することが理想的です。

自分発の接触をやめる

自身からのアプローチを避け、接触頻度を減らすことも効果的な友人との縁切り方法です。
最初のうちは相手からの誘いが続くかもしれませんが、その都度理由を提示して断りましょう。
これを繰り返すことで、相手も徐々に気づき、他の友人を誘うようになるはずです。
なお、LINEなどはトラブルを回避のため既読無視は避け、連絡が届いた後時間を置いてから「忙しくて返信が遅れました」とメッセージを送るといった対応を取るようにしましょう。

自然にフェードアウトしていく

率直に「縁を切りたい」と伝えた場合、確かに自分の意思を明示することはできますが、どうしても角が立ってしまいます。
最悪のケースでは部外者意識を持たれ、根拠のない噂を流されるなどのトラブルを引き起こす可能性もあるため、時間はかかるかもしれませんが、自然な形でフェードアウトいくのが望ましいです。
露骨に関係を断つのではなく、少しずつ自分から離れていくことで、互いに疎遠になっていくような形を狙いましょう。

家族・親戚と縁を切る方法

日本には血縁関係のある家族との縁を切るための法律は存在しないため、縁切りといっても実質的なものとなります。
とはいえ、よほど強い意志と覚悟がないと実質的な縁切りすら難しいのも事実です。
ここからは、特に身近な家族関係との縁切り方法について解説していきたいと思います。

気持ちを伝えた上で連絡を完全に絶つ

家族との関係は友人や元恋人よりも深い関わりのある相手であるため、フェードアウトなど曖昧な手法では絶縁が難しい場合もあります。
また、直接会って伝えようとすると、場での諍いや情に流される可能性があるため、顔を合わせずに伝えるほうが絶縁がスムーズになる可能性が高いでしょう。
そのため「縁を切りたい」という気持ちを伝え、LINEや絶縁状という形で伝え、一方的に連絡を断ってしまうのも一つの方法です。

物理的に距離を置く

頻繁に顔を合わせれば、どうしても衝突が起こりやすくなります。
適切な距離を保つためには、同居の解消を始めた物理的な距離でもって互いに生活圏を話すことが重要です。
引っ越し費用をすぐに用意できない場合は、シェアハウスを考慮してみたり、1人暮らしの恋人や友人の心当たりがあれば一時的に泊めてもらえないか相談してみるのも良いアイデアかもしれません。

冠婚葬祭にも顔を出さない

中途半端に関係を断ってしまうと、再会した際により深刻な争いが生じる可能性があります。
断絶を望むなら家族との再会を一切望まない覚悟が必要です。親族に冷たい人だと陰口を言われてもそれを気にしないことも大切です。
関係を断つためには、親族の結婚式や法事・葬式など、様々ある家族関係のイベントには今後一切参加しないことを決意しましょう。

元恋人と縁を切る方法

一度は愛した相手だからこそ複雑な感情が絡まり、元恋人との繋がりを断つことを迷うこともあるでしょう。
しかし、2人の関係は終わってしまったのですから、はっきりと関係を断ち切り、新たな恋愛に進むことが重要です。
段階的に関係を断っていくのではなく、明確な一線を引き、次のステップに進むことが大事でしょう。

交際中の思い出を美化しない

交際中のことに限らず、人は思い出を美化しやすい生き物です。
ですが、いくら幸せな時期があったのだとしても、何らかの原因があって別れを選んだはずです。
復縁しても同じ問題が再び起こる可能性も高いため、思いを断ち切ることが重要と言えるでしょう。
元恋人の良い面と悪い面を客観的に評価するために、紙に書き出してみましょう。
縁を切るべき理由を明確にすることに役立つはずです。

連絡手段を全て断つ

連絡手段を完全に断ち、再度つながる可能性のあるツールを遮断することも一つの方法です。
LINEのブロックはもちろん、着信拒否や電話番号の変更も検討すると良いでしょう。
また、SNSでのフォローを解除し、お互いの動向が分からないようにすることも有効です。
相手との接触を完全になくすことで縁を切りやすくなり、乱れていた心が安定するかもしれません。

相手が顔を出しそうな場所に行かない

縁を切るためには、かつての恋人とよく訪れていたお店や、相手が行きそうな場所に近づかないことも有効です。
顔を合わせると懐かしさを感じたり、話しかけられて再び連絡を取り合うようになったりする可能性があるため、決意が揺らぐ恐れがあります。
相手の行動パターンを思い出し、遭遇する確率を減らすことで絶縁がしやすくなるでしょう。

最後に

人それぞれ価値観が異なるため、関係を築く中で時には自分の思いを抑えることも必要です。
しかし、自分にとってマイナスになる人とは、無理をせずに縁を切りましょう。
罪悪感を感じるかもしれませんが、心の安定のためには人間関係を見直すことも重要です。
相手によって縁を切る方法は異なるので、慎重に考えながら行動に移してください。
悪縁を断ち切り、新しい良い出会いやご縁を期待しましょう。

ハイヤーセルフって何?どうしたら繋がれるの?

スピリチュアルに興味がある方には馴染みがあるかもしれない「ハイヤーセルフ」ですが、多くの人にとってはまだあまり知られていない概念かもしれません。
そこで今回は、ハイヤーセルフとは何なのか、繋がる方法やその際に得られる効果について詳しく解説していきたいと思います。

ハイヤーセルフって何?

ハイヤーセルフという言葉は、スピリチュアルなコンテキストで使われるもので、私たちが存在する3次元の次元よりも高い次元に存在する「自己の魂の一部」と捉えられています。
私たちが肉体を持つ3次元に存在しているのであれば、ハイヤーセルフは魂に宿る自己を指します。
この2つの自己が一緒になることで、私たち一人一人の個としての存在が成り立ちます。
とはいえ、ハイヤーセルフと常に繋がっているわけではないため、その存在に気づく人は少ないでしょう。
直感やひらめきが冴え渡る瞬間は、ハイヤーセルフとの繋がりが深まっている可能性があります。

生まれ変わってもハイヤーセルフは同じ?

ハイヤーセルフは、私たちの個別の存在に結び付いており、輪廻転生を経ても一続きです。
どのような肉体に再生されても、ハイヤーセルフは変わらずそこにあり、転生ごとの人生で得た経験と感情は「魂のメモリ」として保持されます。
ハイヤーセルフはそのメモリを通じて学び、進化や成長のために次の人生を選びます。

潜在意識とハイヤーセルフとの関係

多くの場合、人は人生の終わりを迎えるまでハイヤーセルフの存在を気づかずに過ごすものです。
しかし、潜在意識とハイヤーセルフがつながっていることを感じた経験がある人は、実は少なくありません。
というのもハイヤーセルフは、重要な決断や特別な人との出会いなどの困難な状況で、直感を通じてメッセージを送り、正しい方向を示してくれることがあるからです。

ハイヤーセルフとつながるメリット

ハイヤーセルフの概要がわかったところで、繋がることができるとどんなことが期待できるのか、メリットについて見ていきましょう。

運命が好転する

ハイヤーセルフの導きに従うことで、運命が良い方向に変わり、難しい問題も解決しやすくなります。
深いハイヤーセルフとのつながりを築くことで、より充実した幸せな人生を送ることができます。

人生における不安が解消される

ハイヤーセルフと繋がることで、人生の問題や悩みが解消され、楽しく日々を過ごせるようになります。

危険や不運を事前に知ることができる

ハイヤーセルフは前世や今世の運命を把握しているため、危険やトラブルを回避するメッセージを送ってくれます。
これにより、アクシデントに対処しやすくなります。

望みや願いが達成される

ハイヤーセルフとの結びつきを深めることで、本当にやりたいことや真の願いに気づき、正しい方向へ進むことができます。それにより、願いや夢が叶いやすくなります。
また、ハイヤーセルフとのつながりによってあなたのエネルギーが高まり、引き寄せの法則がより効果的に働くことが期待できます。

ハイヤーセルフと繋がった瞬間の感覚

ハイヤーセルフと繋がれているかどうか、判別できるような基準はあるのでしょうか?
実際にハイヤーセルフと繋がりを持てた際に得られる感覚は以下の通りです。

深い安心感を得られる

ハイヤーセルフと繋がっていることを感じると、心の奥からの安心感が得られ、不安や心配事がなくなることがあります。

頭の中がスッキリしてクリアな状態になる

ハイヤーセルフと繋がることで、頭の中がスッキリし、新しいアイデアや解決策が浮かびやすくなります。

自分を愛するようになる

ハイヤーセルフとの繋がりは、自己愛や自己肯定感を高める効果が期待できます。

ハイヤーセルフと繋がる方法

ハイヤーセルフがどういったものかについて理解が進んだところで、実際にどうすれば繋がることができるのかについて見ていきましょう。

瞑想をする

瞑想は、雑念を取り除いてクリアな思考を促し、私たちが内面とつながりを強めてくれる方法です。
たとえ毎日わずかな時間でも、頭の中を空っぽにすることを意識して瞑想すると、ハイヤーセルフの声を受け取りやすくなるため、効果的です。

直感・感性を大事にする

ハイヤーセルフとの接続を強めるためには、自分自身の直感や感性に耳を傾けることが重要です。
あえてユニークなアイデアやリスクを恐れずに受け入れ、偏見にとらわれずに直感を信じることで、ハイヤーセルフのガイダンスに基づく充実した人生を送ることができます。

心身の健康を大切にする

心身の健康を保つことで、ハイヤーセルフから送られてくるメッセージに気付きやすくなります。
バランスの取れた食事、十分な睡眠、適度な運動を心がけることが重要です。

もう1人の自分の存在を受け入れる

ハイヤーセルフとのつながりを深めるためには、自分自身のもうひとりの側面を受け入れることが重要です。
瞑想や直感にフォーカスすることで、ハイヤーセルフからの声を感じ取れるようになっていくでしょう。

最後に

ここまでハイヤーセルフについて詳しく説明してきました。
ハイヤーセルフというもの自体を初めて知ったという方もいるかもしれません。
とはいえ、日常生活の中で、自分の意志とは異なる力に動かされたり、思いがけない幸運や偶然、直感が冴えている瞬間を経験したことがある人も多いでしょう。
これらは、ハイヤーセルフからのサインである可能性が高いのです。
今回紹介したハイヤーセルフとのつながり方を参考に、ぜひ高次元の自分自身からのメッセージに耳を傾けてみてください。

効果絶大!縁切りに効くおまじないを紹介

嫌いな人との縁を切る方法を知りたい!と一度でも思ったことがある人は多いですよね。
たとえば縁切りのおまじないで効果絶大なものがあるとしたら、やってみたくなりませんか?
そこで今回は縁切りのおまじないに期待できる効果やそれを増大させるポイント、注意事項、そして実際に効果の期待できる具体的なおまじないについて、詳しく紹介していきたいと思います。

おまじないで本当に縁切りできるの?

そもそもおまじないや呪術は、人々の宗教や信仰に基づいて、願いや信念をサポートする手段として行われてきたものです。
縁切りのおまじないも同様に、その効果は人によって異なる場合があります。
ただし、日本には縁切りや縁結びに特化した神社や寺院が存在し、多くの人が参拝し願いをかけており、縁を切ることや反対に結びつけに対する信仰が深いということの一例と言えるでしょう。
おまじないが成功するためにはまず第一に効果があると信じる気持ちが大切ですから、そうした面では私たち日本人にはその基礎が大なり小なり根付いていると考えることもできるかもしれません。

おまじないで縁切りを叶えられるということ・伴うリスク

おまじないで縁切りが叶えられるとしても、リスクがあるのだとすればどんなことが起こるのか心配になりますよね。
実際のところおまじないを行なう際には代償が必要とされることもあります。
いわゆる「跳ね返り」「呪い返し」「縁切り返し」「不幸返し」といったものなどがこの代償に含まれますが、跳ね返りや呪い返しに遭うと、様々な不幸が起こると言われています。
与えた不幸の倍以上が自分に返ってきたらと思うと恐ろしいですよね。
とはいえ、基本的には自分の幸せのための縁切りに関しては、そこまで代償を心配する必要はありません。
ですが、たとえば不倫の恋を叶えるために彼の奥さんの不幸を願うなど、相手を呪うような行為には注意が必要です。
たとえ縁を切ることに成功したとしても相手への負の感情が強ければ、自分にそのマイナスの波動が跳ね返るリスクも高まるからです。
具体的には次のようなことが起こる可能性があります。

  • 自分自身も、最も大切な人を含む他者から縁切りされてしまう可能性がある
  • 相手と同等以上の不幸が自分にも起こる可能性がある
  • 縁切り後、同じような人とまた縁が繋がる可能性がある
  • 自己嫌悪に苛まれる可能性があり、気分が晴れることがない可能性がある

せっかく嫌な人と縁を切れても、大切な人を失ったり、似たような人とまた縁が繋がったりするのは最悪ですよね。
そもそも縁切りのおまじないとは神仏などの人智を超えた力や浄化作用のあるものを使って、あなたにとっての悪縁との関係を物理的・精神的に断つためのものです。
自分の幸せのために悪い縁を断ち、良い縁と結ばれることを願うことを意識し、相手の不幸を願うことは決してないように心掛けることが重要です。

効果絶大といわれる縁切りのおまじないとは?

ここまでおまじないの効果や注意点などをみてきましたが、もし効果の高いおまじないかあるなら、具体的に知りたいと思いますよね。
ここからは効果絶大と言われるおまじないを紹介していきたいと思います。
道具や呪文のいらないシンプルなものばかりなので、自分に合った方法を見つけてぜひ試してみてください。

塩を使うおまじない

用意するものは、黒の油性ペン・紙(燃えやすいもの)・粗塩・マッチやライターなど火をつけられるもの・耐熱性のある容器(灰皿などでも可)。
手順は以下の通りです。

  • 縁切りしたい相手のフルネームを油性ペンで紙に書く
  • 「○○と縁が切れない」など、相手とのことで今悩んでいることを書く
  • 書き終わったら粗塩をひとつまみ紙に振りかけ、塩がこぼれないように紙を折りたたむ
  • 耐熱容器に紙を入れ、火をつけて燃やす
  • 燃え尽きて残った灰をトイレに流す

塩まじないを成功させるためのポイントは、紙に相手と縁を切りたいといった自分の願望ではなく、現在の悩みや問題を率直に書くことです。
また、紙が完全に燃え尽くさない限り、効果は半減してしまいます。
紙を厚く折り曲げると、灰になるまで時間がかかる可能性が高いため、小さな紙を使うと良いでしょう。
火を使いますから、火災に発展しないためにも絶対に目を離さずその場に留まり、灰は水で処理してください。

綺麗な河川で行なうおまじない

用意するものは水に溶けやすい紙と水性のペンのみ。
手順自体も、用意した紙に縁を切りたい相手の名前をフルネームで書いた後に、名前が書かれた面を下にした状態で、綺麗な河川などに流すだけのシンプルなものです。
綺麗な水は浄化の力が強く、縁切りを始めとしたさまざまなおまじないには効果的です。
反対に汚かったり流れが滞っている淀んだ川では浄化効果はほとんどありませんので注意しましょう。
なお、自然環境に悪影響を及ぼさないためにも、このおまじないでは水溶性の紙とペンを使うことを徹底するようにしましょう。

トイレットペーパーを使ったおまじない

綺麗な河川で行なうおまじないと似たようなものとして、トイレットペーパーを使用するおまじないも存在します。
おまじないを実行する際はミシン目に沿ってペーパーをカットして使いましょう。
手順も、カットしたペーパーに相手のフルネームを水性ペンで書き、トイレで流すという簡単なものです。
綺麗な河川が近くにない方や、人に見られることが心配な方は、自宅のトイレで実行できるこちらのおまじないを試してみても良いでしょう。

指輪を使うおまじない

指輪は一般的に、大切な人との絆を象徴するアイテムとして知られていますか、実は縁切りにも有効なのです。
お気に入りの指輪を用意するだけで新調する必要もなく、それを中指にはめ、心の中で縁切りを願い続けるだけといった手順のシンプルさも魅力的です。
ちなみに、指輪をはめるのは中指であれば左右どちらでも効果が得られます。
そして悪縁が切れた後も、使った指輪を捨てたりする必要はありません。
むしろ、次に良い縁を引き寄せるために、左手の人差し指や小指に指輪を付け替えるのもおすすめです。

お線香を使ったおまじない

お仏壇やお墓に供えるお線香には、悪いものを祓う効果があると言われており、特に白檀のお線香は、浄化や魔除けの効果が強いとされ、インドなどでも儀式に使われています。
このおまじないで用意するものは白檀のお線香とお線香立てのみ。
手順も、部屋の中に少し甘く懐かしい香りをリラックスしつつ広げ、部屋も自身も浄化されていることを感じつつ、お線香を最後まで燃やし尽くすだけという簡単な方法です。
ただし、火を扱うおまじないですので、火災には十分に注意してください。

どうしたらおまじないの効果をより高められる?

縁切りに強く効果を発揮すると言われているおまじないですが、さらに成功の確率を高めるためのポイントをここからは紹介していきたいと思います。

おまじないの手順を守る

さまざまなおまじないが世の中にはありますが、縁切りのものに限らず、大前提として手順をしっかり守ることが大切です。
指定されたものを使い、場所や時間、そして方法についても決められた内容を守りましょう。自分なりのアレンジや手抜きは当たり前ですが御法度です。
一つ一つの手順には意味があると考え、慎重かつ丁寧におまじないを実行しましょう。

誰にも見られないようにする

もともとおまじない自体、1人で粛々と執り行われるべきものです。
それに加えて、人によっては否定的に捉えられ誤解を招く恐れのある縁切りのおまじないは、他人には知られないようにより慎重になることが重要です。
縁切りに効果のあるおまじないは、自分が直接関与しなくても相手との縁を遠ざけることができる最大の利点です。
良くない印象を持たれて、大切な人からも距離を置かれるリスクもありますので、たとえ家族や親友であっても秘密にすることが賢明です。

信じる力を持つ

こちらも縁切りに限らないことですが、おまじないを成功させる1番のポイントは、実行すれば必ず願いが叶うと信じることです。
おまじないは、信じる心と集中力によって潜在意識に作用し、スピリチュアルな力を引き出す効果があります。
半信半疑のまま試しても、ただ手順を真似るだけで効果を得ることはできません。
ですから、おまじないを実行する際には、縁が切れたらいいな、とぼんやり願うのではなく、必ず相手との縁は切れるんだと強く信じましょう。

終わりに

もしあなたに縁を切りたい人がいるなら、他の人に知られずにこっそりと、今回紹介したおまじないを試してみるのも一つの方法かもしれません。
ただし、縁切りのおまじないは誤った方法で行うと、自分に不幸が跳ね返ってくる可能性もあります。
特に他人に対して呪いをかけるような行為は絶対に避けましょう。それは相手に悪意を抱く行為であり、良い結果をもたらすことはありません。
おまじないを行う際には、自分が今よりも幸せになることを願いながら、前向きな気持ちで挑んでみると良いかもしれません。